男性介護士の需要は?

男性介護士として「想い」を伝える自己PR

男性介護士の需要は高い!

今まであまりなじみのなかった男性介護士という仕事。しかし今では需要が高く、とても注目されている職業です。では実際にどのような仕事内容なのでしょう。そして、気になる男性介護士の収入面や、働くにあたっての心構え、女性介護士の視点からみる男性介護士の魅力などをご紹介します。

カテゴリ一覧

介護職に就きたい方へこのサイトは、女性が多くを占める介護業界における男性介護士の需要についてまとめています。お問い合わせ→→dansei_kaigoshi @yahoo.co.jp

2015/11/09

「想い」を伝える自己PR

この業界だからこその自己PR

介護業界というのは他業種と比べても特に、意欲や志を重視する傾向があります。よく、何を書けばいいか分からないという声がありますが、何も書かずに提出したり曖昧なことを書いたところで、相手に良い印象を与えることはできません。この記事を参考に、あなただけのの自己PR・志望動機を考えてみませんか?ではさっそく、自己PRを書く際のポイントをご紹介していきます。

この業界だからこその自己PR

まずは伝えたいことを整理

「やる気はあります」「将来性にひかれて」等といったよく耳にするような表現内容では、採用側に強い印象を残すことは難しいでしょう。自己PRを書く前に、まずは他の人には無い自分の強みや、なぜこの仕事を選んだのか、実際に応募した職場のどこに魅かれたのか、などということを整理しておきましょう。特に男性介護士は想いを伝えることが重要となってきます。では、実際にどのように書いていけばよいのでしょう?

まずは伝えたいことを整理

あなたのどこを見られているか?

採用担当者はどういった視点であなたのことを見ているのか、という意識を持つことが重要です。採用側に、あなたと一緒に働きたい、と思ってもらえることが重要なのです。自己PRを書く際、「明るい性格です」「世話好きな性格です」とだけ書くのではなく、あなたのそういった性格がどのように介護の仕事で役に立つかということを意識して書くことで、より強力なアピールすることができるのです。履歴書や面接には、遠慮や謙遜は不必要です。アピール内容や自分の強みは自信を持って書き、自信を持って伝えましょう。
書くべき内容としては、「今までの経験と、それを通して得たもの」「介護の仕事に対する自分の思いやスタンス」「今まで経験してきたことを介護を通してどう活かしていきたいのか」といったところでしょうか。特に男性はそのアピールが弱い傾向にあるようですので注意が必要ですね。

あなたのどこを見られているか?

「意欲」や「想い」を伝えるために

次に、志望動機について考えていきましょう。志望動機は、なぜ自分が介護職を選んだのか、介護のどういったところに魅力を感じたのか、といったことを書いていきましょう。そして、採用された際にはここで成長をしたいという意欲、ここで実現したいことといった、あなたの強い想いを伝えましょう。
また、採用側の特徴というのもあるでしょうから、事前に応募先の事業者について調べておくことも大事です。もし、今の職場に不満があって転職を考えているという方は、今の職場での不満などといったネガティブな表現は避けたほうがよいです。 書くべき内容としては、「応募先の事業者に魅力を感じた理由」「未経験の方は、介護の仕事に魅力を感じたわけ」「この職場でやってみたいこと」「この仕事を通して成長したいという意欲」といったところでしょうか。

「意欲」や「想い」を伝えるために