男性介護士の需要は?

男性介護士を女性目線で見たときの魅力

男性介護士の需要は高い!

今まであまりなじみのなかった男性介護士という仕事。しかし今では需要が高く、とても注目されている職業です。では実際にどのような仕事内容なのでしょう。そして、気になる男性介護士の収入面や、働くにあたっての心構え、女性介護士の視点からみる男性介護士の魅力などをご紹介します。

カテゴリ一覧

介護職に就きたい方へこのサイトは、女性が多くを占める介護業界における男性介護士の需要についてまとめています。お問い合わせ→→dansei_kaigoshi @yahoo.co.jp

2016/03/02

女性目線で見る魅力

とある女性介護士の目線

最近、老人ホームで働いていてちょっと心が和むときがあります。それは、男性介護士が自分の母親ほどのおばあさんと向き合って、爪を切ってあげているのを見かけた時、また、食事介助のとき、一緒になって「あーん」とぽっかり口を開けているのを見てしまった時など。なんだか微笑ましくて、「いいなぁ」と思ってしまいます。
少し前までは、男性が介護の世界にいることに対して、私は少し偏見を持っていたと思います。細やかな部分にまで気を遣えて、心のこもった優しい言葉をかけてあげたり、親身になったお世話ができるのかなと。また、必要不可欠な仕事ではあるけれど、営業職のように男性特有のプライドをもって仕事に取り組めているのだろうかと。特に最近ではリストラや倒産などで失職し、人手不足の介護業界なら断られないという理由でこの業界に入ってくる男性も多いと聞きます。
しかし、こういうシチュエーションを目の当たりにしたら、そんなことを考えていた自分が恥ずかしくなってきます。また、最近は女性がたくましくなっている分、女性の方が口調がきつかったり、横柄な態度だったりもすることが多いように感じます。他人ではありますが女性同士ということで長く接しているうちに、母娘やお嫁さんとお姑さんのような、遠慮しないで言いたいことをはっきりと言い合う関係になってしまうこともありますね。逆に男性介護士では、利用者との関係がゆったりとして、母と息子のような感じにになることが多いように感じます。食事の介助でも、女性介護士だと口を開けないのに、男性介護士になるとすんなり口を開けるという利用者もいます。最近では、そんな男性介護士が魅力的に見えてくることが多いように感じています。

とある女性介護士の目線

婚活に成功しやすい

介護関係の仕事で就く方は、比較的にデスクワークをする時間が少なく、身体や心のケアを必要としている方と接していることが多いですね。身体の不自由な方や高齢者と接するときには、その人が何を求めているのかを見極める技術が必要になってきます。普段の仕事で、利用者の顔色や言動から、その人が何を求めているのかを考えて行動しなければならない介護系の方たちは、婚活パーティーなどでも仕事と同様に、必要な気遣いを自然と出来ることが多いのです。
特に女性は、気遣いや思いやりのある行動に対して良いイメージを抱きやすいので、自然と気遣いが出来る介護系の男性は婚活や人脈を作る上でも強みになります。そして、より重要なことは、特定の相手に対してだけでなく、誰にでも平等に接することができることです。多数の女性が参加している婚活では、ある一部の特定の女性にだけ優しく接するということは真の優しさとは言えないのです。
婚活パーティーなどの多数の女性が参加している場で成功に結び付けることができる男性とは、計算ではなく、自然なさりげない気遣いが上手な人、つまりは仕事でもそういった気遣いができる介護系の職に就いているような人と言えるのです。

婚活に成功しやすい