男性介護士の需要は?

男性介護士求人を見つけるには

男性介護士の需要は高い!

今まであまりなじみのなかった男性介護士という仕事。しかし今では需要が高く、とても注目されている職業です。では実際にどのような仕事内容なのでしょう。そして、気になる男性介護士の収入面や、働くにあたっての心構え、女性介護士の視点からみる男性介護士の魅力などをご紹介します。

カテゴリ一覧

介護職に就きたい方へこのサイトは、女性が多くを占める介護業界における男性介護士の需要についてまとめています。お問い合わせ→→dansei_kaigoshi @yahoo.co.jp

2015/11/06

希望求人を見つけるには

様々な探し方

介護系の職に興味を持ち始めたあなた。では実際、どのような求人があるのか気になるものです。じゃあさっそく求人を探してみよう、といってもどこから探せば良いものなのか、また求人情報に記載されている募集要項のどういったところに注意をすべきか、というのが重要になります。最近ではハローワークや求人サイト、求人誌、折り込みチラシなど多種多様な媒体があります。それぞれの媒体には個々の特徴があり、企業は目的に合わせそれらの媒体を活用しています。特に男性介護士は人材不足なので見つけやすいとは思いますが、それぞれどういった特色があるのかなどをみていきましょう。

様々な探し方

ハローワーク

公共職業安定所、いわゆるハローワークですが、地域に密着した信頼のできる求人情報が多いのが特徴です。介護事業所というのは基本的にハローワークに登録するため求人の量もほかの媒体と比べて最大です。インターネットを使った検索も可能ですし、失業給付、就職促進給付や各種補助事業といった有益な情報源にもなっています。
情報が膨大のため、希望の求人を細かく探す場合はすこし面倒かもしれませんが、その情報量が最大の強みでもあるのです。

ハローワーク

求人サイト

インターネットの特色といえば圧倒的な情報量。求人情報はもちろんですが、業界全体の求人傾向を把握したり、最新の求人情報を得ることができます。また、自分の希望を選択し登録しておくことで条件に見合った求人を探すことができる点も非常に便利です。求人サイトを活用する場合は自分一人で探す場合がほとんどだと思いますので、相談しながら探したいという方は不安かもしれませんが、まずは1人でしっかり考えたい、という人には向いてます。

求人サイト

求人情報雑誌や折り込みチラシ

駅構内やコンビニエンスストアなどに置いてあり、設置場所に関連する路線や地域に絞り込まれています。エリアを限定した折り込チラシを活用している事業所は、通勤圏内の人や地域を熟知した方を希望していることが多いと言えます。雑誌や折り込みチラシは、はじめからエリアが絞られた情報が掲載されているため、提供情報が身近に感じられる点が魅力です。情報量が少なく不安と感じる人もいるかとは思いますが、そういった場合は求人先に連絡をし、事前見学などが可能かどうか問い合わせてみましょう。

求人情報雑誌や折り込みチラシ

人材派遣会社

人材派遣会社を通じた求職活動という手段もあります。就業先の企業に直接雇用されるのではなく、派遣会社と雇用関係を結び、派遣会社に登録されている事業所で働きます。数ヶ月ごとに事業所との契約期間を設定することができます。安定して長く働きたい、という方は不安かもしれません。そういった人は、転職、就職フェアなどを人材紹介会社や各種団体が主催していることもありますので、一度参加してみてはいかがでしょう。

人材派遣会社